痩身エステ

痩身エステの勧誘を断る方法とクーリングオフで解約をする方法

メリハリがあるきれいなスタイルになるために、痩身エステに通うことを検討している方の中には、施術を受けてみたいけれど、カウンセリングに行くと勧誘があるのではないかと心配に思っている方も少なくはないようです。

 

痩身エステの勧誘を断る方法とクーリングオフで解約をする方法
最近は、強引な勧誘などは一切行わないと宣言しているサロンも少なくはありませんが、それでもいざ足を運ぶとなると不安になるものです。
強引な勧誘を受けたときに、断る方法としては、まず、お金がないので施術を受けることができないとお金がないことをアピールする方法があります。
いくら施術に魅力があってもお金がなければ契約をすることはできません。
お金がないと言えば美容ローンやクレジットの分割払いなどを勧められることもありますが、そのようなときも、ローンや分割でも支払うことができないとはっきりと断りましょう。

 

主婦の方は、夫と相談しなければいけないなど、家族の同意が必要だということも断る方法の1つです。
自由に使えるお金が少ないので、家族の許可が必要など、自分の意思だけでは決めることができないということをアピールしましょう。
その場で家族に電話をして確認をしてもらえないか、などと強引に連絡をとることを勧められることもありますが、そのようなときは、仕事中なので今連絡をとることができないなど、理由をつけて断りましょう。

 

効果について疑問があることや、実感できるまで数日考えたい、など、効果について検討したいと伝えることも断る方法になります。
実際に、効果には個人差があり、すぐに実感できる方もいれば、しばらく経ってからようやく実感することができたという方もいます。
一旦帰宅をして数日考えたい、などその場ですぐに契約をできないことを伝えるその場を離れるようにしましょう。
後日、そのような場合、後日電話連絡が入ることがほとんどですが、そのときにはっきりと断りをいれましょう。

 

エステサロンによっては、契約をするまで帰宅させてくれなかったり、複数のスタッフで契約を迫るなどして、強引に契約を迫ることがあります。
断ることができずに、仕方なく契約してしまったときは、クーリングオフを利用して解約をすることができます。
クーリングオフとは、断りきれずに一旦契約をしてしまったけれど、やはり自分には必要がないと思ったときに、一定期間内であれば無条件で解約ができる制度です。
クーリングオフは、契約金額が5万円を超え、かつ契約期間が1ヶ超える契約であり、法定の契約書面が交付されてから8日以内のものと限られているので、その内容に合うものであれば、解約を行うことができ、支払った代金は全額返金されます。